• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高橋一生の受け皿? 井浦新が意識高い系女子に人気のワケ

「事務所側が懸命に売り込みをかけている。若手ならまだしも、あれだけ知名度のある実力派俳優としてはかなり珍しい。ここが勝負時だという意気込みを感じますね」(TV誌ライター)

 1月期クールのドラマが佳境を迎えたいま、TV誌や女性誌、ネット媒体などで特集されまくっているのが、俳優歴足かけ20年の井浦新(43)である。もっか、TBS系「アンナチュラル」(金曜22時)に出演中で主演の石原さとみ(31)を食う勢いで存在感を発揮している。

 女性向け情報サイト「モデルプレス」による「18年冬ドラマ版“胸キュン男子”トップ10」では山崎賢人(23=5位)や松本潤(34=4位)らを抑えて堂々の2位。ドラマ放送直後のSNS上には〈中堂(役名)萌え〉といった言葉が飛び交うぐらい世の女性たちが夢中なのである。

 井浦が演じるのは「クソ」が口癖で犯罪まがいの行為も平気でやってのける解剖医。「性格に難アリでも恋人を不条理な死に追いやった犯人捜しに奔走する姿や時折のぞかせる心根の優しさがツボ。彼のイメージにぴったりでツンデレ好きにはたまらない当たり役かつハマリ役」(コラムニストの桧山珠美氏)となれば人気が出るのもうなずける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る