高橋一生の受け皿? 井浦新が意識高い系女子に人気のワケ

公開日: 更新日:

「事務所側が懸命に売り込みをかけている。若手ならまだしも、あれだけ知名度のある実力派俳優としてはかなり珍しい。ここが勝負時だという意気込みを感じますね」(TV誌ライター)

 1月期クールのドラマが佳境を迎えたいま、TV誌や女性誌、ネット媒体などで特集されまくっているのが、俳優歴足かけ20年の井浦新(43)である。もっか、TBS系「アンナチュラル」(金曜22時)に出演中で主演の石原さとみ(31)を食う勢いで存在感を発揮している。

 女性向け情報サイト「モデルプレス」による「18年冬ドラマ版“胸キュン男子”トップ10」では山崎賢人(23=5位)や松本潤(34=4位)らを抑えて堂々の2位。ドラマ放送直後のSNS上には〈中堂(役名)萌え〉といった言葉が飛び交うぐらい世の女性たちが夢中なのである。

 井浦が演じるのは「クソ」が口癖で犯罪まがいの行為も平気でやってのける解剖医。「性格に難アリでも恋人を不条理な死に追いやった犯人捜しに奔走する姿や時折のぞかせる心根の優しさがツボ。彼のイメージにぴったりでツンデレ好きにはたまらない当たり役かつハマリ役」(コラムニストの桧山珠美氏)となれば人気が出るのもうなずける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  6. 6

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  7. 7

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  8. 8

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  9. 9

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  10. 10

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

もっと見る