高橋一生の受け皿? 井浦新が意識高い系女子に人気のワケ

公開日:

「事務所側が懸命に売り込みをかけている。若手ならまだしも、あれだけ知名度のある実力派俳優としてはかなり珍しい。ここが勝負時だという意気込みを感じますね」(TV誌ライター)

 1月期クールのドラマが佳境を迎えたいま、TV誌や女性誌、ネット媒体などで特集されまくっているのが、俳優歴足かけ20年の井浦新(43)である。もっか、TBS系「アンナチュラル」(金曜22時)に出演中で主演の石原さとみ(31)を食う勢いで存在感を発揮している。

 女性向け情報サイト「モデルプレス」による「18年冬ドラマ版“胸キュン男子”トップ10」では山崎賢人(23=5位)や松本潤(34=4位)らを抑えて堂々の2位。ドラマ放送直後のSNS上には〈中堂(役名)萌え〉といった言葉が飛び交うぐらい世の女性たちが夢中なのである。

 井浦が演じるのは「クソ」が口癖で犯罪まがいの行為も平気でやってのける解剖医。「性格に難アリでも恋人を不条理な死に追いやった犯人捜しに奔走する姿や時折のぞかせる心根の優しさがツボ。彼のイメージにぴったりでツンデレ好きにはたまらない当たり役かつハマリ役」(コラムニストの桧山珠美氏)となれば人気が出るのもうなずける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る