「なつぞら」で広瀬すず食った粟野咲莉が芦田愛菜になる日

公開日: 更新日:

 NHK朝ドラ「なつぞら」は15日から、ヒロインの「奥原なつ」が子役から広瀬すず(20)にバトンタッチした。

 広瀬初登場の第13回の視聴率は22.6%で、子役ラストの前回視聴率から1ポイントだけ上がったが、ネット上では、なつの幼少期を演じた粟野咲莉(8)を“惜しむ声”が少なくない。「小なつロス」なんて言葉があるほど、粟野の評価は上々だ。

「広瀬の登場でさらなる視聴率アップを期待する向きもありましたが、これまでの最高視聴率は、第9回の23・1%。なつ(粟野)が戦死した父親の形見の手紙を読み、涙があふれ出すシーンに、思わずもらい泣きした視聴者も多かったようです。涙を誘う粟野のけなげな演技は、業界内でも注目が集まっています」(テレビ誌ライター)

 子役の粟野が、すっかりヒロインの広瀬を“食って”しまった格好だ。コラムニストの桧山珠美氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 2

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  3. 3

    菅首相が仕掛ける“野党殲滅”解散…年内なら歴史的勝利か

  4. 4

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  5. 5

    菅首相「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”

  6. 6

    関ジャニ大倉が濃厚演技 ジャニーズ“脱アイドル化”の兆し

  7. 7

    岸防衛相は「初心者」 ゴッドマザー案件で初入閣した経緯

  8. 8

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  9. 9

    菅一族は「地元エリート」 だった 叔父は東北電力の支店長

  10. 10

    かんぽ生命は前途多難 10.5営業再開もお詫び行脚で精一杯

もっと見る