昭和世代の悩み解消 聞き手に好印象与えるカラオケ選曲法

公開日: 更新日:

 忘年会、新年会と続く宴会シーズン。会社でも田舎での同級会でも、2次会はカラオケ――が典型的パターン。店まで行きながら、苦手だからとパスするのは無粋だ。

 さて、今夜はどの曲を歌うか? 定番か、それとも最近覚えた曲か。選曲に悩む人は多い。

 こんな時に備えて役立ちそうな一冊が、「『大人のカラオケ』選曲名人」(富澤一誠編著、葉月けめこ・源祥子構成、言視舎)だ。

 ジョイサウンドの協力を得て、「実際にカラオケで歌われている曲ベスト30」を歌手別に取り上げている。37アーティストがフォークソング、歌謡曲・演歌、ニューミュージックに分かれているので昭和世代にも探しやすい。

 たとえば、吉田拓郎の場合――。

①落陽
②旅の宿

③唇をかみしめて

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る