45年来の親友2人と 歌手・伊藤咲子さんが語る堀越高校時代

公開日: 更新日:

 1974年に「ひまわり娘」でデビュー、歌手生活45年を迎えた伊藤咲子さん(61)。アイドル歌手時代を過ごした高校で仲よしだった岩崎宏美さん、池上季実子さんとの最近のスナップ。友達歴45年の親友2人との仲を語ってもらったら……。

 ◇  ◇  ◇

 デビューした当時、10代の芸能人は堀越高校の芸能コースに通う人が多かったんです。芸能プロダクションに所属していないと入れないコースで、芸能の仕事に対して、多少の融通がきくようでした。林寛子ちゃん、大場久美子ちゃんや、たくさんのアイドルが通っていて、みんな仲がよかったけど、卒業して40年以上たった今も仲よしなのが写真の2人。

■竹を割ったような性格の宏美とスポーツカーをカッコよく運転する季実子

 私もそうですが、宏美と季実子はサッパリした性格です。グチグチしてるところがない。宏美は男みたいでまさに「竹を割ったような性格」。季実子も同じで、テレビや映画では妖艶な女優だけど、普段はスポーツカーをカッコよく運転する男前ですから。だから引かれ合ったと思うし、いつまでも気が合う3人なんでしょうね。

 高校当時、芸能コースの歌手は放課後のスケジュールがたいてい一緒でした。月曜は「紅白歌のベストテン」や「夜のヒットスタジオ」とか、他の日も番組収録が同じ。下校時になると堀越高校の校門の前には各自のマネジャーの車が待機。宏美とはいったん「バイバイ」して、それぞれの車に乗るけど、テレビ局に着いたらまた顔を合わせる。だから、宏美とは一日一緒の日が多かったですね。季実子は女優だから仕事場で会うことはなかったけど、お互い学校帰りに時間がある時は「お茶しよう!」と一緒にお茶やご飯をしてました。

 当時は歌番組がたくさんあった時代。10代の女の子が毎日毎日、芸能界の大人たちの中で働くわけですから、大変でしたよ。でも、宏美も季実子も他の芸能コースの子も頑張ってると思って日夜頑張ってました。部屋の机には新曲の歌詞や番組で歌う他の歌い手さんの楽譜やバラエティーの台本がいつも山積み。そのかわり、学校の教科書は積まれてなかったかな。芸能の仕事を頑張る分、学校の勉強は3人とも……ダメでした。

 芸能コースで勉強もできたのは(片平)なぎさ。彼女はリポートもきっちり出してすごかった。私たちは3人とも「リポートはま、いっか!」って感じ(笑い)。そこでも気が合った。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  2. 2
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  3. 3
    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  4. 4
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  5. 5
    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走

    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走

  1. 6
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 7
    趣里はスズ子で好感度爆上がりも…朝ドラ「ブギウギ」撮了後の次回作が俳優人生を左右する

    趣里はスズ子で好感度爆上がりも…朝ドラ「ブギウギ」撮了後の次回作が俳優人生を左右する

  3. 8
    吉田羊がジャニーズとの“雪解け”で完全復活 Hey! Say! JUMP中島裕翔の“合鍵愛”から7年

    吉田羊がジャニーズとの“雪解け”で完全復活 Hey! Say! JUMP中島裕翔の“合鍵愛”から7年

  4. 9
    大阪万博準備の“ないない尽くし”パビリオン設計者が明かす…「強行なら能登復興の足かせに」

    大阪万博準備の“ないない尽くし”パビリオン設計者が明かす…「強行なら能登復興の足かせに」

  5. 10
    迫る史上最高値更新…新NISA高配当銘柄の注意点 “あおぞら銀ショック”が初心者を襲う

    迫る史上最高値更新…新NISA高配当銘柄の注意点 “あおぞら銀ショック”が初心者を襲う