映画「ハウス」で大胆ヌードを披露した池上季実子

公開日: 更新日:

<1977年7月>

 大林宣彦監督の劇場用映画作品デビュー作「ハウス」が公開されたのは77年7月。同作品は国内商業映画の製作現場で外部の監督が起用されたことに加え、清純派路線で売り出していた池上季実子(当時18)が大胆なヌードを披露し、イメチェンを図ったことでも話題を集めた。

 当時、国内で映画を撮るには、製作会社に入社後、助監督から叩き上げで監督になるというのが常識。8ミリ映画の監督がいきなりプロとして商業映画を撮るのは考えられないことだった。

 しかし、当時の映画界は一般家庭へのテレビ普及のあおりを受け、不振が続いていた。そこで目をつけられたのがチャールズ・ブロンソンの「マンダム」をはじめ、1000本を超えるCF作品をヒットさせていた大林監督(当時39)だった。

 製作にあたり、75年にヒットした「ジョーズ」のような映画を撮ってほしいと頼まれた大林監督に、アイデアを出したのは当時12歳だった娘の千茱萸(ちぐみ)さん。「パパ。この鏡の中の私が、私を食べてしまうと面白いわね」という娘の言葉にヒントを得た監督は、ピアノや柱時計が次々と少女たちを食べていくホラー・コメディーを作り上げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  4. 4

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  5. 5

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  10. 10

    女子プロ記者語る木村花さんの素顔 リングで育った女の子

もっと見る