映画「ハウス」で大胆ヌードを披露した池上季実子

公開日:  更新日:

<1977年7月>

 大林宣彦監督の劇場用映画作品デビュー作「ハウス」が公開されたのは77年7月。同作品は国内商業映画の製作現場で外部の監督が起用されたことに加え、清純派路線で売り出していた池上季実子(当時18)が大胆なヌードを披露し、イメチェンを図ったことでも話題を集めた。

 当時、国内で映画を撮るには、製作会社に入社後、助監督から叩き上げで監督になるというのが常識。8ミリ映画の監督がいきなりプロとして商業映画を撮るのは考えられないことだった。

 しかし、当時の映画界は一般家庭へのテレビ普及のあおりを受け、不振が続いていた。そこで目をつけられたのがチャールズ・ブロンソンの「マンダム」をはじめ、1000本を超えるCF作品をヒットさせていた大林監督(当時39)だった。

 製作にあたり、75年にヒットした「ジョーズ」のような映画を撮ってほしいと頼まれた大林監督に、アイデアを出したのは当時12歳だった娘の千茱萸(ちぐみ)さん。「パパ。この鏡の中の私が、私を食べてしまうと面白いわね」という娘の言葉にヒントを得た監督は、ピアノや柱時計が次々と少女たちを食べていくホラー・コメディーを作り上げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る