映画「ハウス」で大胆ヌードを披露した池上季実子

公開日: 更新日:

<1977年7月>

 大林宣彦監督の劇場用映画作品デビュー作「ハウス」が公開されたのは77年7月。同作品は国内商業映画の製作現場で外部の監督が起用されたことに加え、清純派路線で売り出していた池上季実子(当時18)が大胆なヌードを披露し、イメチェンを図ったことでも話題を集めた。

 当時、国内で映画を撮るには、製作会社に入社後、助監督から叩き上げで監督になるというのが常識。8ミリ映画の監督がいきなりプロとして商業映画を撮るのは考えられないことだった。

 しかし、当時の映画界は一般家庭へのテレビ普及のあおりを受け、不振が続いていた。そこで目をつけられたのがチャールズ・ブロンソンの「マンダム」をはじめ、1000本を超えるCF作品をヒットさせていた大林監督(当時39)だった。

 製作にあたり、75年にヒットした「ジョーズ」のような映画を撮ってほしいと頼まれた大林監督に、アイデアを出したのは当時12歳だった娘の千茱萸(ちぐみ)さん。「パパ。この鏡の中の私が、私を食べてしまうと面白いわね」という娘の言葉にヒントを得た監督は、ピアノや柱時計が次々と少女たちを食べていくホラー・コメディーを作り上げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る