映画「ハウス」で大胆ヌードを披露した池上季実子

公開日:  更新日:

<1977年7月>

 大林宣彦監督の劇場用映画作品デビュー作「ハウス」が公開されたのは77年7月。同作品は国内商業映画の製作現場で外部の監督が起用されたことに加え、清純派路線で売り出していた池上季実子(当時18)が大胆なヌードを披露し、イメチェンを図ったことでも話題を集めた。

 当時、国内で映画を撮るには、製作会社に入社後、助監督から叩き上げで監督になるというのが常識。8ミリ映画の監督がいきなりプロとして商業映画を撮るのは考えられないことだった。

 しかし、当時の映画界は一般家庭へのテレビ普及のあおりを受け、不振が続いていた。そこで目をつけられたのがチャールズ・ブロンソンの「マンダム」をはじめ、1000本を超えるCF作品をヒットさせていた大林監督(当時39)だった。

 製作にあたり、75年にヒットした「ジョーズ」のような映画を撮ってほしいと頼まれた大林監督に、アイデアを出したのは当時12歳だった娘の千茱萸(ちぐみ)さん。「パパ。この鏡の中の私が、私を食べてしまうと面白いわね」という娘の言葉にヒントを得た監督は、ピアノや柱時計が次々と少女たちを食べていくホラー・コメディーを作り上げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る