45年来の親友2人と 歌手・伊藤咲子さんが語る堀越高校時代

公開日: 更新日:

 高校当時、芸能コースの歌手は放課後のスケジュールがたいてい一緒でした。月曜は「紅白歌のベストテン」や「夜のヒットスタジオ」とか、他の日も番組収録が同じ。下校時になると堀越高校の校門の前には各自のマネジャーの車が待機。宏美とはいったん「バイバイ」して、それぞれの車に乗るけど、テレビ局に着いたらまた顔を合わせる。だから、宏美とは一日一緒の日が多かったですね。季実子は女優だから仕事場で会うことはなかったけど、お互い学校帰りに時間がある時は「お茶しよう!」と一緒にお茶やご飯をしてました。

 当時は歌番組がたくさんあった時代。10代の女の子が毎日毎日、芸能界の大人たちの中で働くわけですから、大変でしたよ。でも、宏美も季実子も他の芸能コースの子も頑張ってると思って日夜頑張ってました。部屋の机には新曲の歌詞や番組で歌う他の歌い手さんの楽譜やバラエティーの台本がいつも山積み。そのかわり、学校の教科書は積まれてなかったかな。芸能の仕事を頑張る分、学校の勉強は3人とも……ダメでした。

 芸能コースで勉強もできたのは(片平)なぎさ。彼女はリポートもきっちり出してすごかった。私たちは3人とも「リポートはま、いっか!」って感じ(笑い)。そこでも気が合った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    非情の巨人…高卒2年目・直江と山下に「育成」の生き地獄

もっと見る