井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

大統領選もひっくり返すSNSのフェイク情報を取り締まれ

公開日: 更新日:

 オレは五輪と無関係に迷惑だった。飲み仲間の脇役俳優に「先週、品川の居酒屋に映画人の集会にいたでしょ?」と聞かれた。「こっちは韓国・仁川の町おこし映画祭に行かされとったんじゃ。昼飯にモヤシクッパだけじゃツラかったわ」と返すと、立ち話もしたことない映画人が「井筒さんも店で一緒でした」とフェイスブックに載せていたという。フェイスブックよ、IOCから動画削除を命令される前に、取り締まれよ。オレも仲間も迷惑してんだ。3月にも、行ってもいない北海道で監督が雪かきを手伝っていたと、赤の他人にツイートされた。オレはそんなのんきな善人じゃない。

 大統領選もひっくり返すSNSのフェイク情報。利用しないで暮らす方が気楽に決まっているが、誰もが依存症だ。ゲーム病と一緒で、そのうち、世界保健機関から何か警告されそうだな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  2. 2

    NHK岩田明子氏に解散明言?永田町を駆けめぐる“メモ”の噂

  3. 3

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  4. 4

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  5. 5

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

  6. 6

    英語民間試験に政官癒着 渦中のベネッセが抱える“深い闇”

  7. 7

    ラッシャー板前さん 付き人時代にたけし愛飲の酒をペロッ

  8. 8

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  9. 9

    好発進の渋野 米ツアー通算2勝目に立ちはだかる「英会話」

  10. 10

    クドカンの苦悩告白から読み解く「エール」脚本家降板劇

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る