井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

大統領選もひっくり返すSNSのフェイク情報を取り締まれ

公開日: 更新日:

 オレは五輪と無関係に迷惑だった。飲み仲間の脇役俳優に「先週、品川の居酒屋に映画人の集会にいたでしょ?」と聞かれた。「こっちは韓国・仁川の町おこし映画祭に行かされとったんじゃ。昼飯にモヤシクッパだけじゃツラかったわ」と返すと、立ち話もしたことない映画人が「井筒さんも店で一緒でした」とフェイスブックに載せていたという。フェイスブックよ、IOCから動画削除を命令される前に、取り締まれよ。オレも仲間も迷惑してんだ。3月にも、行ってもいない北海道で監督が雪かきを手伝っていたと、赤の他人にツイートされた。オレはそんなのんきな善人じゃない。

 大統領選もひっくり返すSNSのフェイク情報。利用しないで暮らす方が気楽に決まっているが、誰もが依存症だ。ゲーム病と一緒で、そのうち、世界保健機関から何か警告されそうだな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  2. 2

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  3. 3

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  4. 4

    辻元清美氏が菅政権をバッサリ「古い、出がらし政権だ」

  5. 5

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  6. 6

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  7. 7

    橋本環奈の才は“奇跡の一枚”以前に是枝監督が見抜いていた

  8. 8

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  9. 9

    コロナより多い自殺者数 弁護士も増加要因つくっている?

  10. 10

    小栗旬「日本沈没」コロナ禍で1年先のドラマ発表への疑問

もっと見る