話題の映画「主戦場」保守論客が騒ぐほどヒットの自業自得

公開日: 更新日:

「ダマされた」「肖像権の侵害だ」――。

 話題のドキュメンタリー映画「主戦場」を巡って、取材を受けた保守系論客たちが怒っている。

 この映画は日系米国人のミキ・デザキ氏(36)が従軍慰安婦問題を追究するために、保守派とリベラル派の両陣営の30人をインタビューした労作。従軍慰安婦のほか南京事件や教科書問題、日米安保問題など論点は多岐にわたっている。「LGBTには生産性がない」の論文で有名な自民党杉田水脈衆院議員やケント・ギルバート氏などの保守派が出演した。4月20日に都内1館のみで公開され、全国43館まで拡大した。

 5月30日、映画で「歴史修正主義者」などと紹介された3人が都内で会見。「新しい歴史教科書をつくる会」の藤岡信勝副会長は「上智大大学院のデザキが学術研究として申し込んできたので承諾した」「グロテスクなプロパガンダ」と批判した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  2. 2

    非ジャニオタも取り込んだSnow Man 初動90万枚突破の秘訣

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  5. 5

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  6. 6

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  7. 7

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  8. 8

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

  9. 9

    新庄剛志が「あんまり今お金ない」発言…では何を生業に?

  10. 10

    ソフトB周東が大暴れ 育成出身躍進の裏に身内仰天の厳しさ

もっと見る