新潮45は限りなく廃刊に近い休刊…杉田水脈氏は逃げの一手

公開日: 更新日:

 新潮社は25日、LGBTに関する論文掲載をめぐり批判を浴びていた月刊誌「新潮45」を既刊の10月号までで休刊すると発表した。

 同誌は8月号に「LGBTの人々には生産性がない」などと主張した自民党の杉田水脈衆院議員の寄稿を掲載した。国内ばかりか海外からも批判が殺到する中、同誌は10月号で「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」と杉田氏を擁護する特集で反撃。これが火に油を注ぐ結果となった。

 同号は完売の書店が相次ぐなど異例の売れ行きを見せたが、「炎上商法だ」との批判も招き、ついに「限りなく廃刊に近い休刊」に追い込まれた。

 国民民主党の玉木雄一郎代表は同日、「(杉田議員について)何ら処分をしていない自民党の体質が問われる問題だ」と自民党の対応を批判したが、「新潮45」休刊の張本人の杉田議員は今どうしているのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  2. 2

    娘の命を助けてくれたから…母親が恩人に“返した”ものとは

  3. 3

    中島裕翔が離脱か 改元で「Hey!Say!JUMP」に不穏な動き

  4. 4

    “好きなジャニーズ2019”山田涼介1位 進む世代交代の行方

  5. 5

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  6. 6

    誰がどうして?解散日程の“怪メール”流出で永田町右往左往

  7. 7

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  8. 8

    コウキに続け 花盛りの2世タレントで令和ブレークするのは

  9. 9

    “おっぱい”丸山氏 次は“出所不明”300万円超の政治資金疑惑

  10. 10

    GW渡航先1番人気は「韓国」…嫌韓派の歯ぎしりが聞こえる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る