NHK“常時同時配信”19年度開始 独り勝ちで民放は全滅の危機

公開日: 更新日:

「一部の地方局、いやキー局でさえも安穏としていられない緊急事態だ。デジタル化以上の大きな改革の波がテレビ界に押し寄せてくる。今後は破綻やM&Aなどの経営危機に瀕するテレビ局が続出するだろう。まさにパンドラの箱が開いたに等しい」(民放キー局編成マン)

 政府は参院本会議で先月29日、NHKのテレビ番組を放送と同時にインターネットに流す「常時同時配信」を可能にする改正放送法を可決した。2019年度中にもサービスが開始され、パソコンやスマートフォンでリアルタイムでNHKの番組を視聴できるようになるという。今回の法案可決を受けテレビ界で叫ばれているのがNHKの独り勝ち時代の到来だ。

「日本民間放送連盟(民放連)は今のところ、地上波とネットの常時同時配信を実施する動きを見せていない。結果、NHKだけが実施することでネットにおける同局の存在意義が高まり、将来的に数あるメディアの中でNHKだけが甘い汁を吸える可能性が出てきたんです」(民放連幹部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る