スマホ普及と参入のしやすさ ネット広告は2兆円の大台へ

公開日: 更新日:

 大手広告代理店・電通が2月に「2018年の日本の広告費」、電通グループ3社(D2C/サイバーコミュニケーションズ/電通)が3月末に「2018年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析」を発表した。この推定値を分析すると令和元年はメディア界の分水嶺になることはほぼ間違いない。

 というのも、発表推定値を基に推測すると、19年にはいよいよインターネット広告費が4媒体でトップを走るテレビメディアの広告を上回って、稼ぐメディアのトップになると考えられるからだ。

 まずは広告費の傾向を見てみよう。

「日本の広告費」によれば18年の総広告費は6兆5300億円。17年の6兆3907億円より約1400億円増えている。一方、伝統的なマスコミ4媒体(新聞、雑誌、ラジオ、テレビ)は前年比で91%から99%の幅で減り続けている。4媒体では最大の売り上げを誇るテレビも微減で、地上と衛星あわせて1兆9123億円だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  8. 8

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  9. 9

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  10. 10

    「我慢できない」は嘘 矢野監督よ虎ファンを見くびるな!

もっと見る