車中不倫俳優にもお薦め?R18文学賞贈呈式で飛んだ愛の提言

公開日: 更新日:

 「4DW不倫」で世間を騒がせている俳優・原田龍二(48)も、こんな具合にいじり倒されたら本望だろう。

 3日に行われた「第18回女による女のためのR-18文学賞」贈呈式でのこと。同賞を主催する新潮社の出版部部長である中瀬ゆかり氏が、「原田龍二さんもランドクルーザーから降りてしまうんじゃないかと思うぐらい粒揃いの作品」と受賞作品を紹介し会場の笑いを誘うと、選考委員のひとりである芸人の友近(45)は自身の体験エピソードを交え、「実はちょっと前に原田さんの4DWの後部座席に乗っていたんです。ロケの移動だったんですが、もしあの時、マネジャーさんも同乗していなかったら、C子さんになっていたかもしれないとゾットしました」と、この日2度目の“時の人”の話題でふたたび笑いを誘ったのだった。

 ジョーク交じりの友近節は囲み取材でも――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る