車中不倫俳優にもお薦め?R18文学賞贈呈式で飛んだ愛の提言

公開日: 更新日:

 「4DW不倫」で世間を騒がせている俳優・原田龍二(48)も、こんな具合にいじり倒されたら本望だろう。

 3日に行われた「第18回女による女のためのR-18文学賞」贈呈式でのこと。同賞を主催する新潮社の出版部部長である中瀬ゆかり氏が、「原田龍二さんもランドクルーザーから降りてしまうんじゃないかと思うぐらい粒揃いの作品」と受賞作品を紹介し会場の笑いを誘うと、選考委員のひとりである芸人の友近(45)は自身の体験エピソードを交え、「実はちょっと前に原田さんの4DWの後部座席に乗っていたんです。ロケの移動だったんですが、もしあの時、マネジャーさんも同乗していなかったら、C子さんになっていたかもしれないとゾットしました」と、この日2度目の“時の人”の話題でふたたび笑いを誘ったのだった。

 ジョーク交じりの友近節は囲み取材でも――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  5. 5

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  10. 10

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る