碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

二階堂版「ストロベリーナイト・サーガ」強さだけが目立つ

公開日: 更新日:

 7年前の「ストロベリーナイト」で、ヒロインの姫川玲子を演じたのは竹内結子だ。男性社会むき出しの警察組織の中で、自分のカンを頼りに独自の捜査を敢行する姫川はハマり役だった。

 今回、「ストロベリーナイト・サーガ」の二階堂ふみは、よく頑張っている。ただ、前作を知る視聴者には不満が残るだろう。竹内版姫川はもともと強い女性ではない。強くならざるを得なかったのだ。だから時おり垣間見える弱さが愛しく思えた。二階堂版は強さばかりが目立つ。そして竹内版にあった「内なる葛藤」が十分に伝わってこない。

 眉間に刻み込んだ縦ジワも、怒っているだけに見えてしまう。本当は自分が他者に支えられてきたことを知っているし、仲間への思いは誰よりも強い。だが、それを本人にセリフとして言わせてしまってはダメなのだ。

 龍居由佳里(TBS系「白い影」)や黒岩勉(フジ系「絶対零度」)が脚本を書いていた竹内版と比べると、徳永友一(フジ系「グッド・ドクター」)などが手がける二階堂版は、話の進行に手いっぱいで、各人物の内面がきちんと描かれていない。

 そのため、先週の「ブルーマーダー」前編でもサスペンスとして大事な場面の展開に穴があったし、姫川と菊田(亀梨和也)の関係にも切なさが希薄だ。とはいえ、今週が最終回。二階堂には最後まで「自分の姫川」をやり遂げてもらいたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  4. 4

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  7. 7

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る