著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」、倉本聰との共著「脚本力」ほか。

NHK「逆転人生」司会が山里亮太なのはちょっと出来過ぎ?

公開日: 更新日:

 先週の芸能ニュースは、南海キャンディーズ山里亮太の結婚話でもちきりだった。いわゆる「非モテ」キャラと思われていた山里のお相手が女優の蒼井優だったという意外性から、“逆転勝利”的フィーバーが起きたのだ。

 そんな山里が、この春から司会を務めている番組のタイトルが「逆転人生」というのは、ちょっと出来過ぎかもしれない。コンセプトは極めてシンプル。絶体絶命の危機から奇跡の大逆転を遂げた人たちの「実話エピソード」を紹介するのだ。

 スタジオには山里と杉浦友紀アナ、主役である本人、そしてゲストが並び、逆転劇は再現VTRを軸に語られていく。

 たとえば、元ヤクザの牧師さんが登場する。「力と居場所」が欲しくて足を踏み入れた極道の世界。やがてばくちで抱えた巨額の借金で命の危険にさらされ、関西から東京へと逃げた。偶然新宿の教会に立ち寄ったことをきっかけに更生し、自身も牧師の道へ。現在は、かつての自分に似た境遇にある人たちを支援する活動を行っている。

 大きかったのは信じて励ましてくれた牧師と、じっと待っていてくれた妻の存在だ。スタジオでは「神様とカミさんに救われました」と言って山里たちを笑わせた。

 この番組のメッセージは「人生はやり直せる」。いずれも誰かに「救われた」だけでなく、自らを「救っていた」ことがわかる。目指せ、逆転!

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方