ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

公開日: 更新日:

 視聴率20%台と好調をキープしているNHK朝ドラ「なつぞら」。

「ヒロイン広瀬すずの好演もさることながら、スピッツが歌う主題歌の評判がすこぶるいい。〈朝の爽やかな雰囲気にぴったり〉〈温かい気持ちになれる〉と視聴者に好評です」(同局関係者)

 それとは対照的なのが、二階堂ふみ主演の刑事ドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」(フジテレビ系)だ。

「何かと2012年放送の“竹内結子版”と比較されがちですが、主題歌もそうです。二階堂版は共演の亀梨和也がソロで歌っていますが、〈歌までジャニーズでうんざりする〉といった声もちらほら。竹内の連ドラ版では、GReeeeNの曲が使われましたが、主題歌の“機微”や“深み”でも、完全に竹内版が上回っています」(テレビ誌ライター)

 二階堂版は視聴率1ケタと低迷。確かに、主題歌までジャニーズ任せである必要はない。実際、昨年の視聴率トップ10の連ドラのうち、ジャニーズが主題歌を歌っているのは、1位「99.9―刑事専門弁護士―SEASONⅡ」(TBS系)の嵐と、10位「もみ消して冬」(日本テレビ系)のHey!Say!JUMPのみ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  5. 5

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  6. 6

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る