「わた定」で評価を上げた向井理と“リケダン役者”の存在感

公開日: 更新日:

 残業をしない働き方を模索する女性の生きざまを描いた連続ドラマ「わたし、定時で帰ります。」(TBS系)が6月25日に“2度目”の最終回を迎えた。主演は吉高由里子だが、その元婚約者で上司の種田晃太郎役を演じた向井理(37)の演技に胸をときめかせる女性が多かったようだ。ネットには「かっこ良過ぎる」「ときめいた」など称賛コメントがあふれ、“種田ロス”に陥る女性が続出したと報じられた。

 向井はこれまで、そのイケメンぶりが注目されてきたが、今回は入念な役作りで“ひと皮むけた”とドラマ関係者から再評価されている。自身がワーカホリックなのに部下思いという難しい役どころを演じ切ったためだ。

 そして、向井の活躍によって、ドラマ界でトレンドになりつつあるのが“理系男子(リケダン)”だ。向井は明大農学部生命科学科で遺伝子工学を専攻。来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」に出演する佐々木蔵之介も神戸大農学部でバイオテクノロジーを研究した。「きのう何食べた?」(テレビ東京系)に内野聖陽とダブル主演した西島秀俊も横浜国大の工学部で生産工学を学んだ。NHKの朝ドラ「なつぞら」に出演中の藤木直人も早大理工学部情報工学科を卒業。10月からフジ系のドラマ「結婚できない男」の続編に主演する阿部寛も中大理工学部電気工学科を卒業した。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  5. 5

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  9. 9

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  10. 10

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る