城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

原田龍二が好例 俳優・タレントの醜聞は隠さずさらけ出す

公開日: 更新日:

 2019年上半期TVニュースランキング(エム・データ)が発表された。簡単に言うと、6月までのニュース・ワイドショーで、長い時間取り扱われた順にランキングしたもので、文化・芸能分野では、トップが「ピエール瀧、コカイン使用で逮捕」関連。これは逮捕から起訴、裁判、判決まであるのだから話題も長く続いた。

 2位は「嵐、2020年いっぱいでの活動休止」。さすがは国民的アイドルといわれるだけのことはあって、お休みするよというだけで、その経済効果もすさまじい。

 3位が「NGT48問題」で、僕のようなオジサン世代では、登場してくるアイドルを論評するのに苦労する話題だった。

 4位は今も続く吉本芸人の「闇営業騒動」だ。

 下半期はジャニー喜多川さんの死去に伴う騒動で、またジャニーズが上位に入ってきそうだが、今回の文化・芸能ランキングで20位にも入らなかった話題で、僕の中ではトップクラスの印象に残るニュースがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  3. 3

    8年かけて高校を卒業…同級生の“無音”の拍手に校長も感動

  4. 4

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  5. 5

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  6. 6

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  7. 7

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  8. 8

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  9. 9

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  10. 10

    1位は2千万円超え 平均給与トップ30は総合商社や民放ズラリ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る