碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

NHK「だから私は推しました」はヒロインの心理描写が丁寧

公開日: 更新日:

 放送中の「だから私は推しました」は、地下アイドルを推す(熱烈に応援する)オタク女子の話だ。主人公の遠藤愛(桜井ユキ)は一見どこにでもいそうなOLさん。最近失恋したが、原因のひとつはSNSでの過剰な自己アピールと「いいね!」の承認欲求だった。

 一方の栗本ハナ(白石聖)は、地下アイドルグループ「サニーサイドアップ」のメンバー。ただし、歌もダンスも不得意な上に、コミュ障気味という困ったアイドルだ。そんなハナを見て、愛は思う。「この子、まるで私だ」と。そして全力で応援する日々が始まる。

 まず、このドラマで描かれる「地下アイドルの世界」が興味深い。ライブの雰囲気、終演後の物販や交流、厄介なファンの存在、アイドルたちの経済事情など、かなりリアルだ。脚本は森下佳子のオリジナル。昨年放送された「義母と娘のブルース」(TBS系)同様、ヒロインの心理が丁寧に書き込まれている。また、徐々に自分を解放していくアラサー女子をメリハリのある芝居で好演している桜井ユキ。自分に自信の持てない弱気なアイドルがぴったりの白石聖。女優陣も大健闘だ。

 それに、もしかしたら年末の「紅白歌合戦」に、劇中歌「おちゃのこサニサイ」を引っ提げて、サニーサイドアップが登場するかもしれない。もちろん会場には、サイリウムを一心に振りながらハナの名を呼ぶ、愛の姿があるはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  4. 4

    菅首相が仕掛ける“野党殲滅”解散…年内なら歴史的勝利か

  5. 5

    菅首相「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”

  6. 6

    関ジャニ大倉が濃厚演技 ジャニーズ“脱アイドル化”の兆し

  7. 7

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  8. 8

    岸防衛相は「初心者」 ゴッドマザー案件で初入閣した経緯

  9. 9

    菅一族は「地元エリート」 だった 叔父は東北電力の支店長

  10. 10

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

もっと見る