作家・竹中功さん 河内家菊水丸と巡ったイラクの思い出

公開日: 更新日:

 吉本興業のマネジャーを35年務め、現在はラジオ番組や多数の著作を持つ竹中功さん(60)。思い出の写真は、マネジャー時代の若かりし日に、河内家菊水丸さんと巡った国の一つ、イラクに向かう途中の一枚。バグダッドでは現地で音頭を披露し、菊水丸が国際スターとなるきっかけに……。

  ◇  ◇  ◇

 菊水丸といろんな国に行ったきっかけは当時、国会議員だったアントニオ猪木さん。

 菊水丸が18歳の時に「ロック河内音頭」を作り、バンドをひっさげて大阪のなんば花月に出たんですよ。そしたら、当時の会長が「やかましい! そんなもん河内音頭じゃない!」と激怒。すぐに劇場を降ろされたんです。

 その後、仕事もなくフラフラしてる彼と僕が出会った。僕がNSC(吉本総合芸能学院)をつくって間もない頃で、新人の菊水丸もついでに面倒見ようと決めた。「リクルート音頭」とか時事ネタを2人でいろいろ作りました。で、90年、新日本プロレスに劇場でプロレスをやってもらった時に、「新日本プロレス・スター列伝」っていう選手全員を紹介する歌を作って、菊水丸がやった。それがレスラーのみならず、お客さんに大ウケ。

 そしたら、猪木さんがイラクのバグダッド訪問に僕らを誘ってくれた!

 プロレスラーももちろん行きますけど、菊水丸にライブをやってほしいと。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る