作家・竹中功さん 河内家菊水丸と巡ったイラクの思い出

公開日: 更新日:

 吉本興業のマネジャーを35年務め、現在はラジオ番組や多数の著作を持つ竹中功さん(60)。思い出の写真は、マネジャー時代の若かりし日に、河内家菊水丸さんと巡った国の一つ、イラクに向かう途中の一枚。バグダッドでは現地で音頭を披露し、菊水丸が国際スターとなるきっかけに……。

  ◇  ◇  ◇

 菊水丸といろんな国に行ったきっかけは当時、国会議員だったアントニオ猪木さん。

 菊水丸が18歳の時に「ロック河内音頭」を作り、バンドをひっさげて大阪のなんば花月に出たんですよ。そしたら、当時の会長が「やかましい! そんなもん河内音頭じゃない!」と激怒。すぐに劇場を降ろされたんです。

 その後、仕事もなくフラフラしてる彼と僕が出会った。僕がNSC(吉本総合芸能学院)をつくって間もない頃で、新人の菊水丸もついでに面倒見ようと決めた。「リクルート音頭」とか時事ネタを2人でいろいろ作りました。で、90年、新日本プロレスに劇場でプロレスをやってもらった時に、「新日本プロレス・スター列伝」っていう選手全員を紹介する歌を作って、菊水丸がやった。それがレスラーのみならず、お客さんに大ウケ。

 そしたら、猪木さんがイラクのバグダッド訪問に僕らを誘ってくれた!

 プロレスラーももちろん行きますけど、菊水丸にライブをやってほしいと。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  9. 9

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  10. 10

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

もっと見る