「偽装不倫」も失速中…恋愛ドラマはなぜ視聴率を稼げなくなったのか

公開日: 更新日:

 旅先で思わず「結婚してる」と口走ったために始まった嘘と恋の行方は……。この夏のゴールデンタイムで唯一の恋愛ドラマ「偽装不倫」(日本テレビ系)も、第1話と第2話こそ平均視聴率2ケタだったが、その後は、じり貧になってしまった。

 ここ数年で、平均視聴率10%をクリアした恋愛ドラマはほとんどない。絶滅寸前である。「東京ラブストーリー」「ロングバケーション」など、ラブストーリーでヒットを飛ばし続けたフジテレビ系の月曜夜9時のいわゆる「月9」も、2017年冬の「突然ですが、明日結婚します」を最後に、恋愛路線をやめてしまった。2ケタどころか、1ケタの、それも6%台と深夜ドラマ並みまで視聴率が落ちてしまったからだ。

 テレビ雑誌の編集デスクはこう話している。

「ドラマの中心視聴層はF2(35~49歳の女性)とF3(50歳以上の女性)なわけですが、いずれも子育てや共働きの真っ最中で、さらに将来不安も募るばかり。惚れた腫れたなんて話を楽しむ余裕なんてない時代なんですよ。ドラマの設定や話の展開にもリアリティーがないから、登場人物たちが間抜けに見えて、入り込めないのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る