“森下脚本”にハズレなしでも…オリジナルドラマが減る事情

公開日: 更新日:

〈さすがは森下さんの脚本〉ともっぱらだ。現在放送中のNHKの連続ドラマ「だから私は推しました」。主演は女優の桜井ユキ(32)で、地下アイドルを応援する、いわゆる“ドルヲタ”の沼にどっぷりとハマっていくOLの物語が描かれている。原作はなく、脚本家の森下佳子氏のオリジナル作品だ。

「ネット上で〈さすがは森下さん〉と評判になるのも、当然といえば当然でしょう。森下さんはこれまで、話題作を何本も手掛けているヒットメーカーですからね。〈この人が書いているなら見てみようかな〉〈ハズレがないだろう〉と視聴者に思わせられる数少ない人気脚本家のひとりです」と話すのは、ドラマウオッチャーで芸能ライターの山下真夏氏だ。

 2004年のドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」、09年の「JIN―仁―」(いずれもTBS系)や、13年のNHKの朝ドラ「ごちそうさん」、最近では18年の「義母と娘のブルース」(TBS系)など、数え上げればキリがない。「ごちそうさん」以外は原作アリだが、原作を超える人気ぶりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る