吉本“闇営業”のキーマン カラテカ入江が動き出した狙いは

公開日: 更新日:

 闇営業を仲介し、6月4日に吉本興業から契約解除されたカラテカ入江慎也(42)が久しぶりにマスコミを騒がせている。8月28日夜、入江が東京・渋谷ハチ公広場で清掃ボランティア集団「チーム渋谷888(はちみっつ)」の活動に参加したことがスポーツ紙に報じられた。30日発売の「フライデー」の直撃取材にも応じ、一部で噂されている暴露本の執筆を否定し、吉本を契約解除されたことについて「全部僕が悪い」と頭を下げたそうだ。

 このタイミングで入江が重い口を開き始めたのはなぜか。芸能評論家の佐々木博之氏が言う。

「恐らく、入江さんは暴露本執筆の噂がひとり歩きしていることを危惧していたのでしょう。吉本興業に謝罪し、反旗を翻す意思がないことも示したかったはずです。ただ、記者会見を開くと、詐欺グループとどのように知り合い、どう関わってきたのか厳しく突っ込まれる可能性もあります。彼にとってもフライデーの直撃取材は渡りに船だったのかもしれません」

 今後、入江は清掃会社を設立するという。どうやら芸能界とは決別するつもりのようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る