TBS悲鳴…木村拓哉“ドラマ愛”が強すぎて予算大幅オーバー

公開日: 更新日:

 10月スタートの日曜ドラマ「グランメゾン東京」(TBS系)で主演を務める木村拓哉(46)のこだわりに、制作サイドが悲鳴を上げている。

「もともとドラマに対する思い込みやこだわりが強すぎて暴走しがちなんです。一度、気になると自分の気が済むまでチェックをやめない。小道具だったり大道具だったり、時には莫大な予算がかかるセットだったり。揚げ句は共演者にまで口を挟んでくる。もちろん台本も自分が納得いかないと何度も打ち合わせをした上で書き直しさせる」(ドラマ関係者)

 今回のドラマで木村が挑むのは俳優人生初となるシェフ。自身の慢心とうぬぼれから産地偽装を見抜けずに料理界から追放されてしまう役柄で、一度は全てを失いながらも、再び世界最高の3つ星レストランを目指し立ち上がるシェフに扮する。新進気鋭のシェフに扮する木村が注文をつけたのが撮影場所だったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  3. 3

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  4. 4

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  5. 5

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  6. 6

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  7. 7

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  8. 8

    森七菜「電撃移籍」の真相 “恩人の死”引き金で実母が暗躍

  9. 9

    弟子の一之輔は本当に寄席が好き。寄席を休みたくないと…

  10. 10

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

もっと見る