TBS悲鳴…木村拓哉“ドラマ愛”が強すぎて予算大幅オーバー

公開日: 更新日:

 10月スタートの日曜ドラマ「グランメゾン東京」(TBS系)で主演を務める木村拓哉(46)のこだわりに、制作サイドが悲鳴を上げている。

「もともとドラマに対する思い込みやこだわりが強すぎて暴走しがちなんです。一度、気になると自分の気が済むまでチェックをやめない。小道具だったり大道具だったり、時には莫大な予算がかかるセットだったり。揚げ句は共演者にまで口を挟んでくる。もちろん台本も自分が納得いかないと何度も打ち合わせをした上で書き直しさせる」(ドラマ関係者)

 今回のドラマで木村が挑むのは俳優人生初となるシェフ。自身の慢心とうぬぼれから産地偽装を見抜けずに料理界から追放されてしまう役柄で、一度は全てを失いながらも、再び世界最高の3つ星レストランを目指し立ち上がるシェフに扮する。新進気鋭のシェフに扮する木村が注文をつけたのが撮影場所だったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  6. 6

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  7. 7

    本命は高津、対抗が池山…ヤクルト次期監督“大穴”候補とは

  8. 8

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  9. 9

    ZOZOは4000億円で…メルカリやAmebaTVはいくらで買える?

  10. 10

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る