木村拓哉が新境地おっさん役 “アイドル後遺症”克服なるか

公開日: 更新日:

 元SMAPで俳優の木村拓哉(46)のドラマ主演が立て続けに決まり、話題になっている。

 ひとつは10月スタートの日曜21時“日曜劇場”枠。「半沢直樹」や「下町ロケット」で高視聴率を記録したTBSの看板枠で、挫折を経験したカリスマシェフ(木村)が世界最高の3つ星レストランを目指す物語。もうひとつは、来年正月のフジテレビ開局60周年特別企画ドラマ「教場」で、警察学校の冷徹な鬼教官役。どちらも人生経験の裏打ちが求められる役どころだけに、トレンディードラマを牽引してきたキムタクも年相応のおっさん役に移行する様子がうかがえる。

 現在、日曜劇場で放映中の「集団左遷!!」は2日、視聴率は前回から1・6ポイントアップし、9・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。主演の福山雅治(50)の泥くさい演技が評価を得ている。その昔、結婚報道で“福山ロス”現象が起こるほどのイケメンが、今作ではサラリーマンにも共感される“おっさん”にうまく移行している。コラムニストの桧山珠美氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  4. 4

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  5. 5

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  8. 8

    大阪維新・冨田市長の前代未聞の公私混同 都構想に大打撃

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    ロッテ澤村でメジャー争奪戦か 欲しがる球団と積まれる金

もっと見る