「やじうまワイド」でMC 58歳の玉利かおるさんは今何を?

公開日: 更新日:

 ワイドショー全盛期の1990年代、才色兼備の女性キャスターが注目を浴びた。本日登場の玉利かおるさん(58)もそのひとり。テレビ朝日系の「さわやかトゥデイ」「やじうまワイド」のほか、同局「トゥナイト」の司会でも活躍した。さて、今どうしているのか?

  ◇  ◇  ◇

「10年ほど前から、ハリウッド美容専門学校とハリウッド大学院大学の講師をしていまして、専門学校ではビジネスマナー、話し方、ビューティーコミュニケーション論を。大学院大学では、ホスピタリティーマネジメント論を担当しています」

 玉利さんと会ったのは、東京・六本木ヒルズの一角に立つ同校の高層教室。東京タワーを遠望し、眼下にはテレビ朝日本社社屋、さらにヒルズのメインタワーやマンション棟に隣接している。

「講師だけではありません。広報担当として生徒募集にも携わり、広告物の制作やオープンキャンパスの準備・運営、時には高校で出張授業も行っています。また、中国からヘアサロン関係の方々が研修に来られることもあり、日本流の“おもてなし”についてセミナー講師をすることも。それやこれやで、ほぼ毎日、学校に出勤。忙しくさせていただいてますね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  4. 4

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  5. 5

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  8. 8

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  9. 9

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  10. 10

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る