ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

「フライデー襲撃」取り調べの真っ最中 後の妻は何を…?

公開日: 更新日:

 もちろん、俺も他のたけし軍団メンバーと同様に、取り調べを受けていた。

「えー、フライデーの編集部に殴り込むというのは……その、なんていうか、あらかじめ計画を立てていたんですか」

「いえ、深夜にたけしさんの付き人からみんなのところに集合の電話が入ったんですよ!」

「えっ? じゃ電話で集合してそのまま襲撃ってことなの? ちょっと段取りよすぎるよねぇ?」

 正直なところ、想像したほどの緊迫感も緊張感もなく、同じような質問を何度となく繰り返しているようで、退屈でさえあったのだ。その退屈さを俺も打破したかったのだろう……。

「刑事さん、机をバーンとかやって襟元あたりをこうグイッと締め上げて、いい加減にすべて吐いちまわねーか!! とか、ホラ『太陽にほえろ!』なら熱血漢の塊のゴリさん(竜雷太)みたいな刑事さんがいて、それを渋く優しい山さん(露口茂)が静かに制して、まあまあゴリさん、我々が熱くなってどうすんだ……。だれだって罪を犯そうと思って犯すわけじゃないだろう……なあ、たまたまその抑え切れない気持ちが変な方に行ってしまっただけなんだろう? そばに君の気持ちをわかってくれる者がいなかったのが不幸だっただけで、なあ……申し訳ないと思っているんだろう、とか。罪を憎んで人を憎まずと説得してくれるとか。そういうなんていうか『動』と『静』みたいなのをやって欲しかったんだけどなあ……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  4. 4

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    「バイキング」の“誤報”で叩かれるべきはMC坂上忍なのか

  7. 7

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  10. 10

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

もっと見る