二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

なぜ紅白総合司会に? NHKが期待する内村光良の「2位力」

公開日:

「二位じゃダメなんですか」と発言した蓮舫議員の言葉は「名(迷)言」として今も脳裏に残る。当時は「どんな事業も一位を目指しているのに」と非難されたが、芸能界に当てはめると必ずしも二位でもダメではない。例えば、役者の世界――。

 ドラマの一位に相当するのは主役の役者。二位以下は脇役だが、一位にはなれないが、二位にはなれる。近年の脇役ブーム。遠藤憲一を筆頭に一介の脇役から這い上がり、今では主役以上に注目度が増し、ドラマの中では二位の存在になっている。主役の役者も視聴率のカギを握る脇役を指名する傾向さえあるという。

「主役は視聴率を取らないと真っ先に非難される。常に重圧との戦い。脇役に重圧はないが、その代わり仕事の数をこなす必要がある」(芸能関係者)

 お笑いの世界に目を向ければ、誰もが一位と認めるのは、タモリ、ビートたけし、明石家さんまの通称ビッグスリー。次に続くメイン司会のできる二位には、笑福亭鶴瓶やダウンタウンら関西芸人がひしめく。関東は劣勢。司会する番組数の多い所ジョージが二位の代表格だが、今年の「紅白」の総合司会に抜擢された“ウッチャンナンチャン”の内村光良(53)も気が付けばいつの間にか二位の座を確立している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

もっと見る