城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

移籍時からあった疑惑…沢尻エリカ逮捕で事務所の責任は?

公開日: 更新日:

 もっとも、裁判でも考慮されるだろうが、大きな社会的制裁は受けることになる。大騒動になっているNHK大河ドラマの撮り直しをはじめ、CM5本の違約金など、損害賠償額は5億円を超えるといわれる。執行猶予の期間を終えた後の仕事復帰も難しいものになるだろう。

 テレビ、ラジオはもちろん、復帰にはハードルがいくつもあり、まずスポンサーがいい顔をしない。映画も近年は製作委員会システムがほとんどで、出資元が1つでも反対すれば出演は厳しい。わずかな可能性は舞台だが、共演する俳優の事務所が「NO」と言いそうだ。まさしく“茨の道”が待っている。

 そもそも、10年以上前から違法薬物を使っていたというが、ちょうどその頃、沢尻容疑者は所属する大手プロダクションから「重大な違反で契約解除」された。当時、その事務所の関係者に「大麻の噂がある。それが原因か?」と尋ねたら、「事務所関係からコメントできない。……で察してほしい」と答えられた。僕は「そうだ」と言っている印象だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る