ラリー遠田
著者のコラム一覧
ラリー遠田

1979年、愛知県名古屋市生まれ。東大文学部卒。テレビ番組制作会社勤務を経てフリーライターに。現在は、お笑い評論家として取材、執筆、イベント主催、メディア出演。近著に「とんねるずと『めちゃイケ』の終わり 〈ポスト平成〉のテレビバラエティ論」(イースト新書)、「逆襲する山里亮太」(双葉社)などがある。

引き出しが多い「3時のヒロイン」に大物女性トリオの素質

公開日: 更新日:

「M―1グランプリ」などのお笑いコンテストは、優勝した人が新しいスターになるというのが醍醐味である。だが、2017年に始まった女性芸人限定の「THE W」では、なかなかそういうことにはならなかった。

 1年目の優勝者はピン芸人のゆりやんレトリィバァ、2年目はアラフィフコンビの阿佐ヶ谷姉妹。どちらもすでにある程度の知名度があってテレビでも活躍している芸人であり、これを機に大きく飛躍するという感じにはならなかった。だが、3年目の昨年はついに待望のフレッシュな新王者が誕生した。結成3年足らずのお笑いトリオ・3時のヒロインが堂々の優勝を果たしたのだ。

 3時のヒロインはゆめっち(25)、福田麻貴(31)、かなで(27)の3人組。ゆめっちとかなでは福田の4~5年後輩にあたる。福田はもともと吉本興業のお笑い系アイドルユニット「つぼみ」のメンバーだったのだが、卒業後、芸人に転身した。いくつかのコンビでの活動を経て、後輩であるゆめっちとかなでを誘って3時のヒロインを結成した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  3. 3

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  4. 4

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  7. 7

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  8. 8

    フェイク・タンを塗ったまま授乳…赤ちゃんの写真が拡散!

  9. 9

    安倍首相が疑惑の大手IT社長と会食で「世論操作か」の声

  10. 10

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る