「新聞記者」日本アカデミー賞の理由と地上波で放送される日

公開日: 更新日:

 第43回日本アカデミー賞の授賞式が6日、東京都内で行われ、「新聞記者」(藤井道人監督)が作品、主演女優(シム・ウンギョン)、同男優(松坂桃李)の3部門で最優秀賞を獲得した。

「新聞記者」は、シム演じる女性記者と、政権にとって都合の悪い報道をコントロールする任務を与えられた松坂演じる官僚の姿を描いた映画だ。物語は、国会で取り上げられた、安倍首相の“お友達”とされる加計孝太郎氏が理事長を務める学校法人「加計学園」が計画した岡山理科大獣医学部(愛媛県今治市)の新設をめぐる疑惑とそっくり。まるでノンフィクション映画だ。

「(受賞するとは)全然思っていませんでした。これからも頑張って活動します」

 受賞の感想を問われた際、言葉を詰まらせ号泣するシムの姿が印象に残った視聴者も少なくなかっただろう。政権批判色が強い作品のせいか、松坂がテレビで暴露していた通り、ほとんど番宣(番組宣伝)ができず、上映した映画館も限られていた。それが3部門で最優秀賞に選ばれたのだから、シムが驚いていたのは容易に想像がつく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  8. 8

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  9. 9

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  10. 10

    木村一八「松本人志の“横山やすしネタ”に激怒」の真相語る

もっと見る