「新聞記者」日本アカデミー賞の理由と地上波で放送される日

公開日: 更新日:

 第43回日本アカデミー賞の授賞式が6日、東京都内で行われ、「新聞記者」(藤井道人監督)が作品、主演女優(シム・ウンギョン)、同男優(松坂桃李)の3部門で最優秀賞を獲得した。

「新聞記者」は、シム演じる女性記者と、政権にとって都合の悪い報道をコントロールする任務を与えられた松坂演じる官僚の姿を描いた映画だ。物語は、国会で取り上げられた、安倍首相の“お友達”とされる加計孝太郎氏が理事長を務める学校法人「加計学園」が計画した岡山理科大獣医学部(愛媛県今治市)の新設をめぐる疑惑とそっくり。まるでノンフィクション映画だ。

「(受賞するとは)全然思っていませんでした。これからも頑張って活動します」

 受賞の感想を問われた際、言葉を詰まらせ号泣するシムの姿が印象に残った視聴者も少なくなかっただろう。政権批判色が強い作品のせいか、松坂がテレビで暴露していた通り、ほとんど番宣(番組宣伝)ができず、上映した映画館も限られていた。それが3部門で最優秀賞に選ばれたのだから、シムが驚いていたのは容易に想像がつく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  3. 3

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  4. 4

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  5. 5

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  6. 6

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  7. 7

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  8. 8

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  9. 9

    元WHO専門委員・左門新氏「コロナ対策は95%達成で十分」

  10. 10

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

もっと見る