賀来を翻弄…アンチ山本舞香で“食わず嫌い”は惜しいドラマ

公開日: 更新日:

 MBSでは2月23日の深夜0時50分から、TBSでは2月25日の深夜1時28分からスタートした全6話の連続ドラマ「死にたい夜にかぎって」。

 高校時代に憧れのクラスメートから「君の笑った顔、虫の裏側に似てるよね」と指摘されたことで、うまく笑えなくなった主人公・小野を賀来賢人(30)が演じている。出会ったさまざまな女性たちに振り回されつつも、次第に笑顔を取り戻していくという物語だ。

 第1回の放送後から話題となっているのが、小野の最愛の女性、アスカを演じる山本舞香(22)の“存在感”だ。

 山本演じるアスカは音楽で成功することを志しているものの、生きていくために変態に自分の唾液を売って生計を立てていた女性である。

「焼き肉屋でたばこを吸いながら『変態に唾を売って生活してるの』とクールに話すアスカの演技は秀逸でしたね。山本がガラス瓶の中に唾を垂らすシーンもあるのですが、決して愉快とは言えないシーンながら、『舞香の唾なら高値で買う人がいるの、分かる』『俺も買いたい』なんて声がネット上には書き込まれていました」(制作会社関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  10. 10

    木村一八「松本人志の“横山やすしネタ”に激怒」の真相語る

もっと見る