闇落ち怪演 ジャニーズWEST重岡が岡田准一と肩を並べる日

公開日: 更新日:

柄本佑はイケメンか否か」――そんな論争をも巻き起こした、吉高由里子(31)主演の連ドラ「知らなくていいコト」(日本テレビ系)。11日放送の最終回は平均視聴率10.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と番組最高を記録し、有終の美を飾った。

 初回から中盤までは、ヒロイン・ケイトの恋人役である尾高(柄本佑=33)に心を揺さぶられる人が続出。ドラマ終了後も、ネット上には〈尾高さんロス、つらい〉〈尾高沼から抜け出せない〉なんて惜しむ声が次々と投稿されている。

 その一方で、後半からぐんぐんと存在感を際立たせたのが、ケイトの職場のボスとなる編集長・岩谷を演じた佐々木蔵之介(52)。出番が増えたこともあり〈私は編集長派〉〈大人の男の渋みと頼りがいがたまらない〉などと、演技力はもちろん、“イケオジ”なルックスにうっとりする声も多く見られた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  8. 8

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  9. 9

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る