闇落ち怪演 ジャニーズWEST重岡が岡田准一と肩を並べる日

公開日: 更新日:

柄本佑はイケメンか否か」――そんな論争をも巻き起こした、吉高由里子(31)主演の連ドラ「知らなくていいコト」(日本テレビ系)。11日放送の最終回は平均視聴率10.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と番組最高を記録し、有終の美を飾った。

 初回から中盤までは、ヒロイン・ケイトの恋人役である尾高(柄本佑=33)に心を揺さぶられる人が続出。ドラマ終了後も、ネット上には〈尾高さんロス、つらい〉〈尾高沼から抜け出せない〉なんて惜しむ声が次々と投稿されている。

 その一方で、後半からぐんぐんと存在感を際立たせたのが、ケイトの職場のボスとなる編集長・岩谷を演じた佐々木蔵之介(52)。出番が増えたこともあり〈私は編集長派〉〈大人の男の渋みと頼りがいがたまらない〉などと、演技力はもちろん、“イケオジ”なルックスにうっとりする声も多く見られた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  2. 2

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  3. 3

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

  6. 6

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  7. 7

    東京五輪へ“Wパンチ” 変異株と季節性流行が7~8月にピーク

  8. 8

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  9. 9

    デパート跡地はタワマンか商業施設か 失敗でゴースト化も

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る