ベッキー第1子出産 進むべき道は絵本作家か個性派女優か

公開日: 更新日:

 第1子の出産が17日に分かったタレントで女優のベッキー(36)。性別や出産日は非公表、母子ともに健康というから何よりだが、これで、いよいよベッキーも“人気ママタレ”の仲間入りとなれるのだろうか。

「“ゲス不倫”は4年前の話とはいえ、いまだに彼女のアンチは多い。出産のニュースに付いたコメントでさえ、〈育児に専念して、もう芸能界には出てこないでね〉なんて意地の悪いコメントが目立ちます。この流れだと、子育ての様子や悩みなどを発信するママタレとして生き抜くのは難しいかもしれません」(CM制作会社関係者)

 一方で、19日には「今後は絵本作家デビューを果たし、第2のキンコン西野になる」なんて報道も。確かにベッキーは、2017年から絵を描き始め、自身のインスタグラムでも何点か公開している。昨年12月から今年2月には都内で個展も開催。絵の売れ行きもそこそこ良かったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

もっと見る