YOSHIKIとローランド “アンニュイセレブ”引っ越しCMの狙い

公開日: 更新日:

 この春、引っ越しCMキャスティングに異変が起きている。不動産サイト・SUUMOのCMはX JAPANのYOSHIKIを起用。古代神殿跡でスーモマーチをピアノで奏でている。同じくCHINTAIでは、ホスト界の帝王・ROLAND(ローランド=27)がゴージャスな応接部屋で、若者の引っ越し相談をいつもの名言で解決。どちらも「新学期」「新生活」「親近感」「庶民的」といった従来の引っ越しのイメージとは無縁な“アンニュイセレブ”かぶりなのである。

 SUUMOは、YOSHIKI起用について「表面上はブランドイメージと相反するキャラクターながら、コアな部分で親和性のある人を起用し、いい意味でのギャップによるインパクトをもたらしたかった」(広報担当)とし、CHINTAIも、ローランドについて「ホストという少しグレーな経歴に多少の不安はあったものの、直近のテレビ番組等での名言や思いやりあふれる発言の数々に絶対的な信頼を感じ、起用に至りました。CM好感度調査の獲得ポイントが5000作品中40位と飛躍的にアップし、(ローランドを)知らない方からのクレーム増加も反響が大きかったと好意的にとらえています」(広報担当)と回答。両社ともギャップで話題性をつかむ戦略が的中したようだ。コラムニストの桧山珠美氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る