“笑える刑事ドラマ”「警視庁・捜査一課長」の珍テンション

公開日: 更新日:

「大岩一課長の上司である笹川刑事部長の登場シーンです。演じるのは個性派俳優でお馴染みの本田博太郎さんですが、この笹川刑事部長、とにかくクセが強い。捜査に行き詰まった大岩一課長に毎回ヒントをくれるものの、そのヒントも“ちょっと何言ってるか分からない”。笑わせにきているようにしか見えない笹川刑事部長に対して、大岩一課長は『申し訳ありません!』などと直立不動で真面目な顔で対応する。コントよりコントっぽいですよ」

 ネット上にも〈笹川タイム、キター!〉〈内藤さん、よく笑わずに真面目な顔で演技できるわ、尊敬〉などの声があり、このシーンを待ちわびるファンは多いようだ。

 また、ゲスト出演者の役名もツッコミどころ満載で、たとえば3話にゲスト出演した杉田かおる演じるスーパーのお客様相談係の名前は「九条菊子」。苦情を聞く……そのまんまである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  9. 9

    鈴木亮平「レンアイ漫画家」はドラマ化に不向きだった?

  10. 10

    小室圭さんが国民を見返す日 年収5000万円の米弁護士に

もっと見る