松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

公開日: 更新日:

 杏(34)と本格的な離婚調停に入ったと伝えられている東出昌大(32)だが、今回の不倫騒動で唯一“恩恵”を受けた女優がいる。東出との不倫相手の唐田えりか(22)と同じ芸能プロダクション「フラーム」に所属する松本穂香(23)だ。2人は事務所の先輩・有村架純(27)の後継の座をめぐってしのぎを削る間柄だった。

 松本は今年1月期の連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」(TBS系)で主演の伊藤英明(44)が演じる救急医に密かに思いを寄せる心臓外科医という微妙な役柄を演じた。このドラマには唐田も病棟クラーク役で出演していたが、東出との不倫報道を受けて途中降板を余儀なくされた。キャスティングだけ見ると主演の相手役を務めた松本の方が唐田より上に見えるが、ドラマ業界では伸びしろのある唐田の評価が急上昇していた。

 2人は学年は唐田が1つ下だが、年齢は7カ月しか違わない。女優デビューも松本が2015年の映画「風に立つライオン」だったのに対し、唐田は同年の月9「恋仲」(フジテレビ系)。キャリアにも相違がない。これでライバル視するなという方が無理な注文というものだが、もうひとつ、松本が唐田を意識するきっかけになったのが、唐田が女優デビュー直前に「ソニー損害保険」のCMオーディションに合格したこと。審査員のひとりは唐田のタレント性に注目し、「必ず将来大女優になる逸材」と太鼓判を押したそうだ。この結果に松本は動揺しつつ、「絶対に(唐田を)追い抜いてみせます」とマネジャーに誓ったともいわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず