カギは伊藤沙莉?「光源氏」vs「M」土曜ドラマ対決の行方

公開日: 更新日:

 堺雅人(46)主演の「半沢直樹」(TBS系)、木村拓哉(47)の「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系)、篠原涼子(46)の「ハケンの品格」(日本テレビ系)と、かつての人気ドラマが“〇年ぶりの復活”……でしのぎを削るはずだった4月期の地上波GP帯連続ドラマだが、なかなか始まらない。

「そんな中、連ドラファンの熱い視線を集めているのが土曜夜11時台の2作品です」(テレビ誌ライター)

 2作品とは、“平成の歌姫”浜崎あゆみ(41)のリアルな恋愛を題材にした「M 愛すべき人がいて」(テレ朝系=土曜夜11時15分)と、光源氏が現代にタイムスリップしてOLの部屋に居候するという設定の「いいね!光源氏くん」(NHK総合=土曜夜11時30分)だ。

「『M』は現役の歌姫と所属レコード会社専務の恋愛という生々しさ以上に、眼帯姿の田中みな実の怪演が話題の中心。『光源氏くん』は烏帽子にジャージ姿の光源氏を演じる千葉雄大の“雅な演技”にハマる人が続出中です」(前出のテレビ誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  4. 4

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  5. 5

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  8. 8

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

もっと見る