城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

NHK大河も放送休止 テレビが“コロナ以前”に戻ることはない

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が多くの自治体で解除され、東京や神奈川などでも、もうすぐ解除されることが期待されている。

 しかし、解除になってもテレビ局が「コロナ以前」に戻れるかといえば、それは非常に難しいと言わざるを得ない。

 まずはドラマ。先日、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」、連続テレビ小説「エール」の放送を6月中に中断するという発表があった。要は、“ストック”がなくなったということ。3月をもって収録を自粛してから、元の撮影状態に戻すことはできないでいる。というのも、スタジオはどうしても“3密状態”が避けられない。たとえば、ドラマ撮影時にカメラは4、5台あるのが当たり前で、それぞれにカメラマンが必要。ケーブルをさばくカメラアシスタントもいるし、音声担当の技術スタッフ、ディレクターやAD、メークさんも待機している。さらに、役者たちがいるので、マネジャーや付き人が何かあった時のために隅で見守っている。またスタジオサブ(副調整室)という狭い部屋があり、そこにはモニターが多数並んでいて、メインのディレクターと数人の技術スタッフ、そしてプロデューサーたちが見守っている。多い場合、100人近い人が集まっての収録は普通のことだ。当然、役者は口角泡を飛ばさんばかりのシーンも多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

  4. 4

    NHK「あさイチ」での近江友里恵は有働由美子を超えた?

  5. 5

    丹羽宇一郎氏「コロナ後はさらなる危機が待ち構えている」

  6. 6

    東京湾で続く不気味な揺れ…コロナ禍に首都直下地震の足音

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    麻生「民度発言」海外も報道 指摘された日本の高い死亡率

  9. 9

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  10. 10

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

もっと見る