二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

岡村に足りないのは「度量」…女性蔑視発言を生んだもの

公開日: 更新日:

「受験生の友」と呼ばれた「オールナイトニッポン」(ニッポン放送)は今年で53年になる長寿ラジオ番組。吉田拓郎、桑田佳祐、タモリと錚々たる人が代々、パーソナリティーを務めてきた。伝統を受け継いだナインティナイン岡村隆史(49)もライフワークとしている。

 ラジオはタレントが“素”に戻れる仕事。岡村も社会問題から芸能まで私見を話し、テレビでは見せない岡村の一面があった。「いいね」とリスナーの反響も上々。発言はネットでも取り上げられていた。注目が高ければミス発言は「非難」に形を変えて倍返しとなる。

 今回の「コロナが収束したら(中略)美人さんがお嬢(風俗嬢)やりますから今、我慢しましょう」の発言。自粛中のリスナーを励ますある種のリップサービスだったのだろうが、女性蔑視と受け取られ大騒動。NHKの「チコちゃんに叱られる!」「麒麟がくる」の降板と謝罪を求め署名運動する動きもあるそうだが、本人も即座に謝罪。落ち込むほど反省している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  7. 7

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  10. 10

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

もっと見る