優樹菜にウイカ…「ヤンキーキャラ」芸能界でなぜウケる?

公開日: 更新日:

 いろいろありすぎて芸能界を電撃引退した木下優樹菜(32)もそうだったが、芸能界で「ヤンキーキャラ」は人気になりやすい。最近なら、テレビのバラエティー番組やネットニュースで見ない日はない、タレントのファーストサマーウイカ(30)も、それでブレーク中だ。

 もっとも、ウイカの場合は見た目とは裏腹に、本人いわく「ゴリゴリの文化系」。中学は吹奏楽部、高校は軽音楽部の部長を務めていたという。

「関西弁でズバズバと物を言う、ちょっと奇麗なお姉さん。でも実は周囲に気遣いもできて、頭の回転が速い……かつての『オセロ』中島知子さんもそうでしたが、定期的に人気が出るタイプって感じですね」と芸能ライターのエリザベス松本氏はこう続ける。

「ウイカさんも年齢の割には関西のオバチャン感満載なのが、見た目とのギャップがあって、一度見たら印象に残ります。トークは面白いし、女子の本音的なことも話してくれるサバサバ系。バラエティーに出ているのを見ると『そうそう、よく言ってくれた!』的な共感性もあります。『友達になりたいな』『頼れるな』と思えるところが、幅広い人気の秘密じゃないでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  3. 3

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  4. 4

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  5. 5

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  6. 6

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  7. 7

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  8. 8

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  9. 9

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  10. 10

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

もっと見る