二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

赤塚不二夫編<8>療養中でも「リハビリ」と称しゲイバーへ

公開日: 更新日:

 入退院を繰り返しても常にポジティブな赤塚不二夫氏(享年72)。病気に対しても、「僕は中学しか出てないから、死ぬときは“脳中卒(卒中)”だ。がんでは死なないの!」とよく言って笑わせた。それでも年齢と共に体力は確実に落ちていく。

 もともと、スポーツとは無縁の人。見るのもやるのも興味なし。日頃の運動不足に加えて入院で足腰は弱っている。歩くのもおぼつかなくなっていた。少しでも歩かせようと真知子夫人は頭を悩ませ、近所だけでも散歩させていた。それも、住所・氏名・連絡先を書いた札を首に装着させ、緊急時の対応もバッチリ。

 正月に先生夫妻に伊豆修善寺温泉に誘われ出掛けたことがあった。私の同行には先生の転倒防止の支えという重要使命があった。特に滑りやすい温泉の大浴場は手を引いて入れてあげた。風呂嫌いの先生も大浴場は大喜び。湯船で一緒になった客と意気投合。バカ話に花を咲かせることもあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

  2. 2
    新庄監督就任で追い込まれ…日本ハム“屈指のパフォーマー”杉谷拳士のあがき

    新庄監督就任で追い込まれ…日本ハム“屈指のパフォーマー”杉谷拳士のあがき

  3. 3
    吉田栄作×内山理名の結婚で「オレも若い奥さんを」という男性は多いが…

    吉田栄作×内山理名の結婚で「オレも若い奥さんを」という男性は多いが…

  4. 4
    ひろゆきも指摘!10万円給付うち5万円分クーポンで…「事務費1200億円」に膨張の愚

    ひろゆきも指摘!10万円給付うち5万円分クーポンで…「事務費1200億円」に膨張の愚

  5. 5
    息切れの稲見萌寧 賞金女王と日本選手初の偉業に赤信号…通算-7、2位タイ以上が必須

    息切れの稲見萌寧 賞金女王と日本選手初の偉業に赤信号…通算-7、2位タイ以上が必須

もっと見る

  1. 6
    石川遼だけじゃない! JGTO青木功会長も記者発表に「ビデオメッセージ」のみの大ヒンシュク

    石川遼だけじゃない! JGTO青木功会長も記者発表に「ビデオメッセージ」のみの大ヒンシュク

  2. 7
    立憲代表選で目に余るTV局の報道差別…地上波4候補揃い踏みはNHK「日曜討論」だけ

    立憲代表選で目に余るTV局の報道差別…地上波4候補揃い踏みはNHK「日曜討論」だけ

  3. 8
    「5年12億円」の阪神より“最低保証2200万円”のメッツを選んだ新庄のひと言

    「5年12億円」の阪神より“最低保証2200万円”のメッツを選んだ新庄のひと言

  4. 9
    【兵庫2児焼殺事件】妹家族と暮らす51歳独身男の複雑怪奇な共同生活…携帯持たず引きこもりだった

    【兵庫2児焼殺事件】妹家族と暮らす51歳独身男の複雑怪奇な共同生活…携帯持たず引きこもりだった

  5. 10
    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも