田中みな実を心配する声…新事務所“不倫騒動”対応での悪評

公開日: 更新日:

 フリーアナの田中みな実(33)が15日付で、宮根誠司らが所属する芸能事務所「テイクオフ」から、広末涼子有村架純を抱える「フラーム」に移籍し、“女優転身”を決意したともっぱらだ。一方で、心配の声も噴き出している。

「田中は昨年12月発売の初写真集が累計70万部超の大ヒット。今年4月期のテレビ朝日系の連ドラ『M』での怪演も話題になった。フラームは広末、有村、戸田恵梨香らを抱える女優系の事務所です。今回の移籍は、田中が本気で“女優転身”を決意したということでしょう」(スポーツ紙芸能担当デスク)

 ただ、フラームには、今年1月に東出昌大との不倫が発覚した唐田えりかも所属中。

 この不倫騒動における同社の対応について、芸能マスコミの間で疑問の声が上がっていた。

「通常、所属女優がスキャンダルに見舞われれば、メディアにきっちり対応するのが事務所の役割。しかし唐田の不倫騒動に関し、同社は謝罪ファクスを1回送ったものの、各メディアの電話にほとんど出ないなど、ほぼ対応しない状態を続けているようです。芸能マスコミの間では『何かあると、電話に出なくなる事務所』と思っている人も多い。田中が移籍後にスキャンダルを起こした際、ちゃんと対応するのか心配になります。実際、唐田は今でも休業状態が続き、中ぶらりんですからねえ」(ワイドショースタッフ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    NY州の資格持つ日本人弁護士「小室圭さんが働きながら勉強していても上司は大目に見てくれない」

    NY州の資格持つ日本人弁護士「小室圭さんが働きながら勉強していても上司は大目に見てくれない」

  2. 2
    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

  3. 3
    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    鬼束ちひろ容疑者“お騒がせ歌姫”奇行の果て…救急車を蹴飛ばし現行犯逮捕→薬物検査の衝撃

    鬼束ちひろ容疑者“お騒がせ歌姫”奇行の果て…救急車を蹴飛ばし現行犯逮捕→薬物検査の衝撃

もっと見る

  1. 6
    反共発言を繰り返す芳野友子・連合会長は「与党が仕掛けたトロイの木馬」 ネットに呆れる声

    反共発言を繰り返す芳野友子・連合会長は「与党が仕掛けたトロイの木馬」 ネットに呆れる声

  2. 7
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

  3. 8
    “奇行歌姫”鬼束ちひろ起用で早くも話題 来年公開の「トリック劇場版」

    “奇行歌姫”鬼束ちひろ起用で早くも話題 来年公開の「トリック劇場版」

  4. 9
    秋篠宮家への逆風再び…悠仁さま「超進学校」への入学は“特別扱い”なのか

    秋篠宮家への逆風再び…悠仁さま「超進学校」への入学は“特別扱い”なのか

  5. 10
    大麻逮捕の元HKT谷口愛理 脱退後の“ギャル”激変とワル素顔

    大麻逮捕の元HKT谷口愛理 脱退後の“ギャル”激変とワル素顔