二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

バラエティーの一大勢力 かつてオネエ系は日陰の身だった

公開日: 更新日:

 バラエティー界の一大勢力になったオネエ系タレント。マツコ・デラックス、ミッツ・マングローブといった「女装家」まで出現してオネエ系も多様化。世間も自然に受け止めている時代だが、かつてオネエ系は日陰の身だった。表舞台ではなく、夜の世界で派手に咲いていた。昭和の夜を彩った個性的な男のお話。

 赤坂にあったクラブ「紫」のママ・雪之丞は日本舞踊の名取。はとバスのコースに組み込まれていたほどの名店。定時になると店内の舞台に雪之丞が登場。艶やかな日本舞踊を披露すると、「本当に男の人?」とお客は唖然となる。北九州出身の男気あふれる武骨者だったという。

 同じ赤坂の外れにあった「ジョイ」は対照的に洋風のピアノバー。ママは福島出身のジョイさん。ドレスの似合う美魔女のような怪しい雰囲気。しぐさも含め女性としか見えないが、「体は一切、イジって(整形)なかった」。沢田研二ら芸能人もひいきにする隠れ屋的な店として愛されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  5. 5

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  6. 6

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  7. 7

    住宅街に巨大な穴…外環道予定ルート“陥没危機地帯”マップ

  8. 8

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

もっと見る