平野悠
著者のコラム一覧
平野悠「ロフト」創業者

1944年8月10日、東京都生まれ。71年の「烏山ロフト」を皮切りに西荻、荻窪、下北沢、新宿にロフトをオープン。95年に世界初のトークライブ「ロフトプラスワン」を創設した。6月、ピースボート世界一周航海で経験した「身も心も焦がすような恋」(平野氏)を描いた「セルロイドの海」(世界書院)を刊行。作家デビューを果たした。

金子マリ「歌を通じて誰かの心をちょっとでも動かしたい」

公開日: 更新日:

 荻窪ロフトのブッキングを見ると金子マリ&バックスバニーは【1975年5月24日】【同年12月14・15日】にライブをやっている。下北沢ロフトでは、オープンして5日目の【1975年12月8日】にステージに立っている。そして新宿ロフトのオープニングセレモニー【1976年10月1日】にはソー・バッド・レビューとともに登場した。シモキタ・ロフトを拠点としていた金子マリが、新宿ロフトの初日のステージに立つのは、ごく自然な流れだった。

 ☆ ☆ ☆ 

 ――荻窪、下北沢、新宿とロフト黎明期の常連出演者でした。

金子「やっぱり(出身地の)地元・下北沢のロフトは居心地のいい所でしたよ。ソー・バッド・レビューと対バンしたんだけど当時、彼らは凄い人気があったわけ。開場前にダーッとお客さんがロフト前に並び、それを見た(ボーカルの)北(京一)さんが『この行列は何ですか?』って尋ねたら『大阪から凄いバンドが来るんです!』って言われて。自分たちのことなのに分かってなかった(笑い)。いろんなことがありました、ロフトでは。打ち上げで夜遅くまでいたから、夜中の2時くらいになると誰かが裸で踊ってて(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  8. 8

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  9. 9

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  10. 10

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

もっと見る