劇場内からすすり泣く声…アニメ映画「鬼滅の刃」鑑賞ルポ

公開日: 更新日:

 真っ暗な劇場内からすすり泣く声。トイレを我慢できなくなった幼子を抱え、上映中に席を立つ若い母親――。16日に公開され、話題となっているアニメ「鬼滅の刃」(集英社、吾峠呼世晴)の映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」。一体どこが多くの人を引き付けるのか。日刊ゲンダイの中年記者が劇場に足を運んだ。

 10月25日。都内の大型劇場。記者がまず驚いたのは上映回数の多さだった。上映開始の時刻は午前8時15分から午後9時15分まであり、4つの上映室で「鬼滅ー」を計25回も流していたからだ。朝、ネットで座席を予約したのだが、すでに午前中分は満席。午後4時以降の上映回で数席が残っているほど。公開から10日近く経つが、まだまだ人気は衰えていないらしい。

 入場アナウンスとともに家族やカップルが長い列を作る。一人で見に来ている若い女性もチラホラ。新型コロナ対策のために一人ずつ体温を測って部屋に進むのだが、200人~300人ほど入る劇場内は隣同士で座席の間隔を空けることもなかった。日曜日だからなのか、小学生ぐらいの子供たちの姿が目立ち、始まる前から鳴き声を出したり、大声で叫んだり。熱気ムンムンの劇場内は「無限列車」ならぬ、久しぶりの「満員電車」のようだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る