マッチ不倫をTV一斉報道…ジャニーズタブーに風穴開いた?

公開日: 更新日:

 近藤真彦(56)の不倫騒動で、週刊文春の報じた第一報を伝えず、見て見ぬふりをしていたTV各局がようやく動き出した。31歳女性社長との不倫を報じられた近藤に対し、ジャニーズが無期限活動自粛処分としたと一斉に報じたのである。

「いわゆる『文春砲』は、発売前日の早刷りで大手メディアは記事をチェックできるので、スクープであれば、発売当日にその詳報を後追いとの形で報じます。ところが近藤真彦の不倫報道は、スポーツ紙も民放もまるで示し合わせたかのようにスルーしていた。民放はいつもの忖度。スポーツ紙の担当記者の元には、『書かないで』とジャニーズから内々に電話があったそうです」(芸能リポーター)

 ジャニーズお得意のメディア統制でスクープはお蔵入り、近藤もおとがめなしで終わるという見方が強かった。しかし今回は違った。同じ芸能界から、異論反論が飛び出したのだ。坂上忍フジテレビ系「バイキングMORE」で近藤の自粛処分を扱う際、「週刊文春が発売された時に、何で扱わなかったのか」と問題提起し、伊藤利尋アナから「大きいのは、ジャニーズ事務所が未明に(処分)文書を出したこと」と言われると、こう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る