梅宮辰夫は立候補…カルーセル麻紀の処女を奪った男の真相

公開日: 更新日:

 12月に梅宮辰夫さん、1月宍戸錠さん、2月野村克也さんと大物の死が続いている中で芸能史に残るエピソードがスルーされている。81歳で亡くなった梅宮さんの「カルーセル麻紀の処女を奪った男」――。

「夜の帝王」ぶりの延長で今も語り継がれる「伝説」を、モロッコで性転換したカルーセル麻紀本人が日刊ゲンダイ連載「せきらら履歴書」(2014年3月7日付)でこう語っていた。

「私が体を手術して女になった後、『カルーセル麻紀の処女は誰が奪うのか』ってマスコミを賑わしたことがありました。その時、“処女を奪った男”として名前が挙がったのは梅宮辰夫さんでした」

 熊本のゲイバーで初めて会ったのをきっかけに交遊するようになり、梅宮さん主演「不良番長シリーズ」(1970年)で共演……、そして74年にモロッコから帰国したところ、72年にクラウディア夫人と結婚していた梅宮さんから電話がかかってきた。「頼む麻紀、処女は俺にくれ」――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    理髪店めぐり混乱…小池知事「国と調整中」見切り発車の罪

もっと見る