みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

公開日: 更新日:

 みのは昨年末に持病の糖尿病に加え、パーキンソン病を発症。これを機に、今年3月に「秘密のケンミンSHOW」(読売テレビ系)を降板。来月には自身が経営するニッコクも社長を退く予定で、資産50億円を持つといわれるみのは終活状態。そんな中、先月、彼女に住まわせていた1億5000万円のマンションの登記が、みのの会社・ニッコクから、みの個人、さらに今月、彼女に贈与移転している。同誌によると、彼女が再婚を望むも、子供たちに反対され“手切れ金”としてマンションを贈与したというのだ。家族問題評論家の池内ひろ美氏がこう言う。

「一般的に女性が多額の資産を受け取ったとき、男性から離れていく可能性は高い。35歳の女性なら、後妻に入って“将来受け取ることができる資産”に関心は薄いでしょう。それより、結婚、出産、今まで積み上げたキャリアを生かした事業など、もうひと頑張りしたい時。むしろ2人の関係が公になったことで、次のステップに進むべく、結論を出したいと思っているのでは」

 みのの会社に問い合わせると「彼女は友達。マンションの件は『ご想像におまかせします』とのことです」(担当者)とのことで、現在は鎌倉の家から出ず、隠遁生活しているという。

 手切れに1億5000万円……夜の帝王に武勇伝がまたひとつ刻まれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る