城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

前田敦子の今後が心配 1歳児抱え独立していいことあるの?

公開日: 更新日:

 正月気分も抜けた感があるが、芸能ニュースはコロナ禍の中にあって静かなムードだ。

 そんな中でも正月らしく、おめでたい話題となったのが、元AKB48の板野友美(29)がプロ野球選手と結婚したこと。1年半の真剣交際だったが、芸能マスコミのマークはなかった。

 各スポーツ紙の元日の紙面は、毎年恒例の結婚スクープのオンパレードで、チュートリアル徳井義実と音楽ユニット「チャラン・ポ・ランタン」のもも、俳優の小沢征悦とNHKの桑子真帆アナ、タレントの河北麻友子と一般男性、オリエンタルラジオ藤森慎吾とブラジル人女性、狩野英孝と一般女性……が続いた。徳井や河北、藤森らはすぐにSNSや事務所を通じて否定していたが、これも毎年恒例のこと。僕としては、2年連続で出ていたお笑いのケンドーコバヤシの結婚も“予想”してほしかったところだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  3. 3

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  4. 4

    白鵬の五輪無断観戦は完全アウト! 焦点は協会が下す「処分の内容」だ

  5. 5

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  6. 6

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  7. 7

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  8. 8

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  9. 9

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  10. 10

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

もっと見る