城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

前田敦子の今後が心配 1歳児抱え独立していいことあるの?

公開日: 更新日:

 正月気分も抜けた感があるが、芸能ニュースはコロナ禍の中にあって静かなムードだ。

 そんな中でも正月らしく、おめでたい話題となったのが、元AKB48の板野友美(29)がプロ野球選手と結婚したこと。1年半の真剣交際だったが、芸能マスコミのマークはなかった。

 各スポーツ紙の元日の紙面は、毎年恒例の結婚スクープのオンパレードで、チュートリアル徳井義実と音楽ユニット「チャラン・ポ・ランタン」のもも、俳優の小沢征悦とNHKの桑子真帆アナ、タレントの河北麻友子と一般男性、オリエンタルラジオ藤森慎吾とブラジル人女性、狩野英孝と一般女性……が続いた。徳井や河北、藤森らはすぐにSNSや事務所を通じて否定していたが、これも毎年恒例のこと。僕としては、2年連続で出ていたお笑いのケンドーコバヤシの結婚も“予想”してほしかったところだ。

 この元日スクープ合戦は、僕がスポーツ紙の記者だった頃からあった。部長クラスからデスクや記者に「正月紙面で結婚スクープを入れろ」といった無理難題が出される。そこで、年末にこれまで交際などが取り上げられたカップルをチェックしていき、付き合いが続いていることが確認できたらGOとなる。だからこそ、正月スクープの見出しや記事は「結婚へ」「結婚も」「結婚決意」といった表現になる。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 2
    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

  3. 3
    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    大阪万博「子ども無料招待事業」に教職員・自治体が猛反発! 大阪府民“ほぼ無関心”の深刻事態

    大阪万博「子ども無料招待事業」に教職員・自治体が猛反発! 大阪府民“ほぼ無関心”の深刻事態

  1. 6
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 7
    止まらないマイナ保険証ゴリ押しに我慢の限界! 河野デジタル相に怒りのパブコメ殺到

    止まらないマイナ保険証ゴリ押しに我慢の限界! 河野デジタル相に怒りのパブコメ殺到

  3. 8
    三田寛子と藤原紀香「梨園の妻」の意外な評判 ランジェリー公開で露呈した三田の芸能人気質

    三田寛子と藤原紀香「梨園の妻」の意外な評判 ランジェリー公開で露呈した三田の芸能人気質

  4. 9
    阪神・佐藤輝明の機能不全は岡田監督の“旧時代的アドバイス”が元凶か…名球会会員は“前さばき”の悪循環を指摘

    阪神・佐藤輝明の機能不全は岡田監督の“旧時代的アドバイス”が元凶か…名球会会員は“前さばき”の悪循環を指摘

  5. 10
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う