三田寛子“梨園ゴッドマザー”襲名 芝翫の不倫にまた神対応

公開日: 更新日:

 歌舞伎役者の中村芝翫(55)の不倫を発売中の「週刊文春」が報じている。同誌によると、昨年11月末に歌舞伎座公演を終えると新幹線で京都に直行し3連泊。高級ホテルの最上階の隣り合った部屋をとり、2人は芝翫の部屋で過ごしていたという。12月も東京の休演日前夜に、芝翫が自宅を抜け出し、彼女が宿泊する都内ホテルに行く姿も。

 芝翫の不倫報道は4年ぶり2度目。お相手は、大阪在住の自称FXトレーダー(32)。別の男性と同棲し、毎月30万から50万円のお小遣いをもらっているセレブで、中学時代から出待ちするほどの歌舞伎ファン。芝翫とは10年以上前に知り合いを通じて出会い、2016年の中村芝翫襲名時に、20代の若さで芝翫に240万円の鏡台を贈ったという。

 そんな襲名直前、京都の人気芸妓との最初の不倫が報じられたわけだが……当時、芝翫は報道陣に詰め寄られ“不徳”を連発し、しどろもどろ。一方、妻の三田寛子(54)は、離婚は「ありませーん」と明るく答え、一蹴。雨の降る中、報道陣の取材に真摯に応じる“神対応”が評価され、襲名披露も無事成功。今回、三田は芝翫が直撃取材された翌日、同誌の取材に応じ、ノーメークで現れ、「“私はお母さんじゃない!”と言いたい。人生のパートナーなんです」と語りつつ「離婚はないです……家業ですから家族一丸となってやっていかなければいけない」と成駒屋の妻として毅然とした態度を示した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  5. 5

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  6. 6

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  7. 7

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  8. 8

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  9. 9

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  10. 10

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

もっと見る